• ホーム
  • 思春期ニキビが目立ち始める原因と正しいケアのコツを学ぼう!

思春期ニキビが目立ち始める原因と正しいケアのコツを学ぼう!

中高生の年齢になると急増するのが、思春期ニキビですが従来はティーンエイジャー時の一種の成長に伴う事象と認識されて病気と考えられない時代もありました。しかしこのような考え方は誤解で、立派に尋常性ざ痘という名前のついている皮膚病の一種です。経験則からも明らかなように、適切に治療を実施しないと色素沈着したり、皮膚が陥没するなどの瘢痕を残したり、慢性化して大人ニキビへと移行するリスクも存在しています。思春期ニキビに正しくケアするために、改めて原因を確認し治療のポイントなどを検討してみましょう。

思春期ニキビの原因のなかで最も重要なのは、性ホルモンの分泌量の増加です。第二次成長に伴い男性ホルモンの分泌量が急増します。これは成長をうながすために脳の視床下部から分泌を命令する信号が内分泌器官に発せられるからです。男性ホルモンには皮脂の生成と分泌を活性化させる作用が強いので、顔でも皮脂腺からの皮脂が大量に分泌されます。大量に出現するあまり、毛穴詰まりを来たします。毛穴のなかでは嫌気性のアクネ菌が大量増殖するので、炎症に発展し思春期ニキビの発症となります。それでは女性ではニキビの程度は軽いのかといえば、必ずしもそういうわけではありません。女性でも副腎や卵巣に男性ホルモンを分泌する機能が備わっています。男性に比べれば少量ですが、思春期では男性ホルモンの分泌量が急増するので、思春期ニキビの発症を見るわけです。女性でもしばしばひどい思春期ニキビを経験するのは、思春期特有ホルモンバランスの変化が関係していることが関係しています。

それでは思春期ニキビのケアは具体的に、どのように実践するべきなのか。洗顔で皮脂を洗い流すのがケアの基本になるのは当然ですが、つっぱりを感じるほどでは過剰な状態です。よく泡立てて、ニキビに刺激を与えないように優しく洗顔し、石鹸などの成分が残らないようにしっかり洗い流します。洗顔のあとは保湿は重要です。思春期とはいっても洗顔後放置すると、乾燥しがちです。化粧水を適切に使用することで、肌の水分量は確保されて、バリア機能も維持されます。外出時などは紫外線対策も大事です。紫外線のなかでもUV-Aは、表皮にダメージを与え、年令に関係なく皮膚にダメージを与えます。思春期ニキビが発生している状況では、皮膚が脆弱になっているので紫外線ケアも必須です。このときは油分が控えめのノンコメドジェニック仕様を選ぶことを忘れないようにしましょう。