• ホーム
  • ケアプロストのジェネリックを活用してお得に美容対策に取り組もう!

ケアプロストのジェネリックを活用してお得に美容対策に取り組もう!

目がきれいな女性たち

まつげ育毛剤ルミガンは、当初は緑内障治療の点眼薬として開発承認されました。ところがルミガンを使用した緑内障患者のなかでまつげの多毛現象が確認されたため、改めてまつげ育毛剤として開発承認を得たという経緯があります。現在では販売以来、特許期間が経過済みのため興発薬であるジェネリック医薬品ケアプロストが登場し世界中で愛用されています。ジェネリック医薬品とは特許期間が完了し、先発薬の開発販売会社の独占販売期間が満了した医薬品について、同様の有効成分を配合した医薬品のことです。先発薬のように新薬候補などから研究を始めるというような膨大な研究費を必要としないで、低い薬価で販売することが出来ます。ケアプロストを使用することで、先発薬のルミガンを使用するよりも、リーズナブルな価格でまつ毛貧毛症を治療することができるわけです。そのうえ医薬品の輸入代行通販でも購入できるので、余計なコストをカットして入手できるのも大きな魅力と評価できるでしょう。

ところでケアプロストは他の治療法を選択した場合に比較すると、価格の安さをより深く実感することが出来ます。まつ毛貧毛症の治療には、通販でケアプロストを入手する以外に、病院で治療をうけたり、まつげエクステを利用するなどの選択肢があります。皮膚科や眼科などの医療機関で治療をうけた場合、保険適用外の自費診療になるので一概には言えませんが、1年間で概ね10-12万円ほどの治療費を要します。まつげエクステはサロンなどで受けることになりますが、装着後にも1ヶ月に1回ほどのメンテナンスが必要になるので、1回の施術で7000-8000円ほど年間換算では8-10万円ほどの費用になります。これに対してケアプロストは個人輸入代行サイトの通販では、2400-3000円ほどが相場です。1本が1か月分ほどの用量で、効果を実感できるまでに4ヶ月ほどになるので、費用は1万円強を見ておけば充分カバーできる訳です。効果を維持するためにケアプロストを継続するにしても、使用量は半分程度に抑えることが出来るので、さらにコストを下げることが可能です。

しかしまつ毛エクステに比較すると即効性で劣るのは、デメリットと言えるでしょう。ただし自然な仕上がりの点では、自毛を成長させるケアプロストのパフォーマンスには叶いません。自然毛なのでまつげエクステのように、剥がれ落ちるリスクを想定するまでもなく、アイメイクを楽しめるのもメリットと評価できます。