• ホーム
  • まつ毛貧毛症の原因は人それぞれ!長く続けられる治療法

まつ毛貧毛症の原因は人それぞれ!長く続けられる治療法

目がきれいな女性

まつ毛の長さや太さ・密度などは遺伝的素因で左右されるのは事実で、欧米人と日本人などの東洋人と比較した場合には違いは明らかです。一般的に欧米人は東洋人に比べるとまつ毛の長さも太さも2割程度上回るとされており、外側に向かって反るように生えているので目もとの印象も強い傾向があります。しかし生来的にまつ毛のボリュームが欠しいことをカバーするための、対策をとることが却ってまつ毛成長を傷害し病的に、まつ毛の長さも太さも貧弱になるという現象に悩まされる方が増加するという皮肉な結論になっています。それがまつ毛貧毛症患者の増加です。

まつ毛貧毛症とは、まつ毛が充分な成長を見せることなく抜け落ちたり、まつげの生える密度が正常よりも下ることでボリュームを欠いている状態を言います。まつ毛貧毛症になる原因には、普段のまつ毛ケアによるダメージや、加齢・皮膚疾患や薬物の副作用などが考えられます。まつ毛ケアが原因として関与していることは多くを占めており、主要な要因だけでもビューラーの使用による物理的賦課やつけまつげの頻繁な使用、マスカラの重ね塗りなどを指摘することが出来ます。最近ではまつ毛エクステの普及によるまつ毛への恒常的負担などによる患者も増加をみせています。加齢によってもまつ毛の成長サイクルが鈍りますが、程度が重度になるとまつ毛貧毛症と診断されます。他にもアトピー性皮膚炎や抗がん剤の副作用など原因は多彩です。

まつ毛貧毛症の回復を図るには、治療を行うことが必要ですが、原因に応じてケアの選択は異なってきます。ビューラーやつけまつ毛・マスカラの重ね塗りなどは原因が明確なので、問題のある相メイクの習慣を是正するのが治療の暫定になります。物理的に賦課を加えることは、毛根に刺激を与えることになるのは当然ですが、アイメイクによる影響で見逃せないのはまつ毛を中心にした部位の清潔さです。エクステなどをしていると、剥落するのを嫌がるあまりにクレンジングがおろそかになり、細菌などの温床になります。清潔さを心掛けてまつ毛育毛剤を使用することで、より効率的改善を図ることが出来るはずです。またアトピー性皮膚炎や抗がん剤などの副作用の場合は、本疾患の状態をコントロールしながら、まつ毛にダメージを与えないあり方を、主治医と相談しながら模索することになるでしょう。まつ毛貧毛症は原因を特定し、気長に回復をまちながら、確実に治療を実践するのが重要です。